サービス

日本語→英語 (英訳)

 当方では英訳の場合100%ネイティブによる校正を行います
校正のみのご依頼はお引き受けしておりません
その理由は。ネイティブでない方か英語で言いたいことを表現し、間違っているところを訂正してもらう。。。
それは素晴らしいことだと思います。しかし、それを校正にかけた場合どうなるでしょう。 一見完璧な英訳が達成されるように見えます。もちろんプロのかたが校正されれば 完璧な英語の文章に直してくれることでしょう。 でもそこがちょっとした落とし穴。 完璧な英語の文章が出来上がることは間違いないでしょうが、 でもその過程でもともとご依頼者の方が日本語で言いたかったことの意味合いの取り違えが発生する可能性が高くなります。 それは避けられない現実でしょう。 もちろん日本語→英語をご依頼されずに校正をご依頼されるには 金額という点に魅力を感じられていらっしゃるからだと思います。校正のほうが安いから、、、?! だからこそ日本語の文章を日本語で理解→英訳→ネイティブによる校正 →さらに最終的に意味の取り違えをチェックという過程が必要です。


過去一部の英訳担当案件のご紹介

☆Niscom Japanさんの「The 36 Marketing Secrets」英訳担当 本はNiscomさんのFacebookページから無料でダウンロードできます。もちろん日本語バージョンも英語バージョンも両方あります。

日本語版:https://www.facebook.com/niscoman/app_208195102528120
英語版:https://www.facebook.com/raijin.m/app_208195102528120

Niscom担当者様からの声:
「サイト運営者(私)は全く英語が喋れない人間なのに 海外の方は既にファンが2万にまでになっており、 翻訳してもらう事で着々と海外からの問い合わせが増え 海外進出の足掛かりをこのfacebookで掴んでいます」
本に関するお問い合わせは直接Niscom Japanさんへ。http://niscom-japan.com/


☆いま、あなたの中の「光」が目覚める『ひかりの国プロジェクト』英語版ホームページの英訳を担当しました


英訳
一部

論文(英訳後のタイトル)

哲学論文

There is the underlying idea that ‘knowing and loving are identified as the same operations of the mind’. What does ‘the same’ mean in this context? The words that Ikutaro Nishida himself explained are actually the theme in this. The ‘knowing’ and ‘loving’ supposedly interacts with each other to make the operations work. This theme seems to be abstract and to be very difficult. Therefore, I decided to work on one by one precisely about each of the key words which were contained in the theme.

 

音楽

 

Syllabus:スポーツ医科学シラバス

ビジネス

学術論文:一般
看護系論文
企業ホームページ英訳
商品説明文英訳
商品(化粧品)販売パンフレット英訳
大手フランチャイズ飲食店 従業員教育マニュアル・安全衛生マニュアル・作業マニュアル英訳
リゾートホテルHPの英訳
クラウドファンディング掲載文英訳
手紙英訳
メール英訳
書籍
イベント企画書英訳
産業機械・機器マニュアル・見積もり仕様書英訳

◎美術雑誌 ONBEAT英訳担当:国内および世界各国の書店で販売中
onbeatvol1 onbeatvol2 onbeatvol3 onbeatvol4 onbeatvol5

Designed by CSS.Design Sample